最後に編集されたのは 管理者
09.01.2021 | 歴史

日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ (講談社現代新書)

  • 83 読みたい
  • 69 現在読んでいるもの

発行元 ダニエル・デフォー .

    Download 日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, 日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする 日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  広田照幸
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ
    • 発売日:  2015年02月27日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000020883
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「パーフェクト・チャイルド」──しかしながら、大正・昭和の新中間層の教育関心を、単に童心主義・厳格主義・学歴主義の三者の相互の対立・矛盾という相でのみとらえるのは、まだ不十分である。第一に、多くの場合、彼らはそれら三者をすべて達成しようとしていた。子供たちを礼儀正しく道徳的にふるまう子供にしようとしながら、同時に、読書や遊びの領域で子供独自の世界を満喫させる。さらに、予習・復習にも注意を払って望ましい進学先に子供たちを送り込もうと努力する──。すなわち、童心主義・厳格主義・学歴主義の3つの目標をすべてわが子に実現しようとして、努力と注意を惜しまず払っていた。それは、「望ましい子供」像をあれもこれもとりこんだ、いわば「完璧な子供=パーフェクト・チャイルド」(perfect child)を作ろうとするものであった。──本書より (講談社現代新書)

あなたも好きかもしれません

日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ (講談社現代新書) by ダニエル・デフォー ダウンロード PDF EPUB F2

1999年かぁ。随分昔。教材に使ったこともあって、なつかしい。なんというか、昔のしつけはしっかりしていた、なんていうが、その実、仕事の邪魔にならないよう小遣いを与えてほぉっておく。そう、そんな話。いまどきの「格差論」につながってきそうな。最近ちょっとした集まりで、おしゃべりの中で出てきた。で、つい買ってしまった。自宅の積み上げた本の下の方に、埋もれているかもね。あのほん。