最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

最後の殉教者 (講談社文庫)

  • 64 読みたい
  • 25 現在読んでいるもの

発行元 遠藤 周作 .

    Download 最後の殉教者 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 最後の殉教者 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 最後の殉教者 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 最後の殉教者 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 最後の殉教者 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  遠藤周作
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  最後の殉教者
    • 発売日:  2013年12月13日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000013246
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    江戸末期の浦上四番崩れと呼ばれる迫害に材を取った、著者が拓いた独自の切支丹文学の先駆をなす名作「最後の殉教者」はじめ、若き日のフランス留学体験から生まれた「コウリッジ館」「ジュルダン病院」「異郷の友」「男と猿と」「従軍司祭」など珠玉作10編を収録。遠藤文学の軌跡を集約する必読の純文学短編集。(講談社文庫)

あなたも好きかもしれません

最後の殉教者 (講談社文庫) by 遠藤 周作 ダウンロード PDF EPUB F2

欧州への旅行の機内で読了した。遠藤周作は「沈黙」などのキリシタンものしか読んだことはなかった。この本はタイトルこそキリシタンものだが、遠藤のフランス留学時代をモチーフとした作品も含めた短編集だ。留学時代ものの短編集はどれも、1950年代というフランスにとっては、第二次大戦やインドシナの問題を抱えた時期でもあり、そんな時についこないだまで戦争で暴れてたアジアの国から来た留学生の気持ちの描写が鋭い。